アスタキサンチン 生物

 

アスタキサンチンを持つ動植物1

アスタキサンチン,効果,生物

魚介類の中にはアスタキサンチンを保有する生き物が多く存在します。アスタキサンチンは赤色が特徴ですから、赤色の魚介類を想像すると容易にアスタキサンチンを持つ生き物を識別することができます。

 

 

赤い魚介類と聞いてすぐに思い浮かぶのはやはりカニかもしれません。しかしカニが赤く見えるのは加熱してからです。
これはアスタキサンチンの性質が関係しています。
アスタキサンチンはたんぱく質とくっつくとカロテノプロテインという物質に変化します。
このカロテノプロテインは灰色っぽい色をしているため、
加熱される前のカニは赤ではなく灰色なのです。
加熱されるとアスタキサンチンからたんぱく質が分離するため色が赤く変化します。
同じ原理でタコもアスタキサンチンを保有している生き物です。ゆでると赤く色が変わりますよね。

 

 

観賞用の生き物にもアスタキサンチンを持っているものがいます。

アスタキサンチン,効果,生物


鯉と金魚です
しかし鯉や金魚は人工的に着色されている場合も多いのでアスタキサンチンによる赤色ではない場合も往々にしてあります。

 

 

鯉も金魚も多くの品種があり、色も大きさも様々です。
アスタキサンチンを持ってはいてもそれぞれのたんぱく質との結合具合により、
赤色が強く出たり、灰色っぽかったりなど違いが出てきます。
今度鯉や金魚を鑑賞するときはアスタキサンチンとたんぱく質の関係を
思い出しながら観察すると面白いかもしれませんね。



スポンサードリンク

アスタキサンチンを持つ生物関連ページ

アスタキサンチンって何?
アスタキサンチンの驚くべき効果について解説。ビタミンEの数百倍もあると言われる強力な抗酸化力は美容と健康に様々な効果を発揮します。
アスタキサンチンの摂取方法
アスタキサンチンの上手な摂取方法について説明しています。油との相性がよいアスタキサンチンは油を使った調理で摂取するのがオススメです。しかし最も効率が良いのがサプリメントでの摂取でしょう。
アスタキサンチンの摂取量
アスタキサンチンの驚くべき効果について解説。ビタミンEの数百倍もあると言われる強力な抗酸化力は美容と健康に様々な効果を発揮します。
アスタキサンチンはこんなにも利用されている
アスタキサンチンの驚くべき効果について解説。ビタミンEの数百倍もあると言われる強力な抗酸化力は美容と健康に様々な効果を発揮します。
アスタキサンチンサプリメントの選び方
アスタキサンチンのサプリメントを選ぶ際のポイントについて説明しています。サプリメントを選ぶ際は安全面に充分注意しましょう。
アスタキサンチンの色
アスタキサンチンは美しい赤のイメージで連想される栄養素です。ここではこの色の秘密について解説しています。
鮭のエネルギーの源
アスタキサンチンは鮭のエネルギーの源になっています。ここでは自然界におけるアスタキサンチンの役割について見てみましょう。