アスタキサンチン 摂取

 

油を使った調理で吸収率アップ

アスタキサンチンは、少量の摂取でも高い効果のある成分です。
そのアスタキサンチンを体に効率よく摂りいれる方法について説明しましょう。

 

生活習慣病の予防のために必要なアスタキサンチンの摂取量は、1日に2mg〜4mgと言われています。

 

アスタキサンチン,摂取,方法,効果

紅サケの切り身100gの中には、約3mgのアスタキサンチンが含まれています。

1人分の魚の切り身を食べれば、十分なアスタキサンチンを摂取できるという事です。

 

 

脂溶性であるアスタキサンチンは、油との相性が良い成分です。
油を使った調理法をすることで、体への吸収率が高まります。

 

サケを使った料理の場合、ムニエルマリネにするか、他の魚介類と合わせてスープにするのもおススメです。
栄養豊富な小エビを殻ごと食べられるかき揚げも良いでしょう。

 

 

体の酸化を予防する抗酸化成分は、アスタキサンチンを始めビタミンA、C、E、フラボノイドであるリコピンやβカロチンなどいろいろな種類があります。
抗酸化力を持った成分を複数組み合わせて摂取すると、相乗効果によりさらに効果が高まります。

 

食事でアスタキサンチンを摂取しようとする場合は、より効果を高めるために、他の抗酸化成分も組み合わせたメニューにすると良いでしょう。

 

もっと手軽にアスタキサンチンを摂取したい、食べ物からだけでは不十分という場合は、サプリメントで補う方法がおススメです。


スポンサードリンク

アスタキサンチンの摂取方法関連ページ

アスタキサンチンって何?
アスタキサンチンの驚くべき効果について解説。ビタミンEの数百倍もあると言われる強力な抗酸化力は美容と健康に様々な効果を発揮します。
アスタキサンチンの摂取量
アスタキサンチンの驚くべき効果について解説。ビタミンEの数百倍もあると言われる強力な抗酸化力は美容と健康に様々な効果を発揮します。
アスタキサンチンはこんなにも利用されている
アスタキサンチンの驚くべき効果について解説。ビタミンEの数百倍もあると言われる強力な抗酸化力は美容と健康に様々な効果を発揮します。
アスタキサンチンサプリメントの選び方
アスタキサンチンのサプリメントを選ぶ際のポイントについて説明しています。サプリメントを選ぶ際は安全面に充分注意しましょう。
アスタキサンチンの色
アスタキサンチンは美しい赤のイメージで連想される栄養素です。ここではこの色の秘密について解説しています。
鮭のエネルギーの源
アスタキサンチンは鮭のエネルギーの源になっています。ここでは自然界におけるアスタキサンチンの役割について見てみましょう。
アスタキサンチンを持つ生物
アスタキサンチンの驚くべき効果について解説。ビタミンEの数百倍もあると言われる強力な抗酸化力は美容と健康に様々な効果を発揮します。