アスタキサンチン 糖尿病

 

糖尿病の予防にも期待されています。

アスタキサンチン,糖尿病効果

アスタキサンチンには、糖尿病の予防効果もあると言われています。
日本において増え続けている、糖尿病患者の抑制に効果があると期待されています。

 

血液中のブドウ糖のエネルギー変換ができなくなり、血糖値が高くなってしまうのが糖尿病です。
糖尿病になってしまうと、体内に糖化タンパクが増加し化学反応を繰り返します。

 

この糖化タンパクは、大量の活性酸素を発生させ最終的に「AGE」という物質になります。
大量に発生した活性酸素は、からだの健康な細胞を傷つけます。

 

そして、糖尿病に伴うさまざまな合併症が起きてしまうのです。
動脈硬化や心疾患、視力障害や神経障害、脳溢血や血流障害など体のあちこちに合併症が起きる恐れがあります。

 

症状が悪化して血液が体内を循環できなくなると、手足の壊疽なども起こってしまいます。

 

 

強い抗酸化作用を持つアスタキサンチンは、体内の活性酸素を抑制します。
この働きが糖尿病の予防に効果を発揮するのです。

 

アスタキサンチンのほかに、抗酸化作用を持つ成分はビタミンAビタミンCビタミンEなどがあります。
これらの成分の何倍も強い抗酸化作用を持つアスタキサンチンは、少量でも高い効果があると考えられています。

 

糖尿病の原因は様々ですが、「メタボ(内蔵脂肪型肥満)」や、ストレス喫煙が代表的なものです。
ストレスは早めに解消して溜めないようにして、できるだけ禁煙するようにしましょう。

 

そして積極的にアスタキサンチンの摂取を継続することが、糖尿病の予防に効果的と言えるでしょう。



スポンサードリンク

アスタキサンチン効果【糖尿病予防】関連ページ

【アンチエイジング】
アスタキサンチンの特徴といえば、強力な抗酸化力でしょう。このパワーがあらゆる人の願いである若返り、アンチエイジングに効果を発揮するのです。
【美容】
もうメディアやCM等で有名ですが、アスタキサンチンは美容効果に優れた栄養素です。その効果を今すぐお試しください。
【痴呆予防】
アスタキサンチンはその抗酸化作用から痴呆症などの脳の病気を防ぐ効果があるんです。早めに摂り始めたい抗酸化物質ですね。
【花粉症対策】
アスタキサンチンは花粉症対策も出来る栄養素です。強い抗酸化力でヒスタミンの働きを弱めます。
【眼精疲労回復】
アスタキサンチンには眼精疲労を回復させる効果があります。現代人はパソコンや仕事、ゲーム等で目の疲れを感じている人は多いはずです。そんな目の疲れをアスタキサンチンは回復してくれるのです。
【血液サラサラ効果】
血液をさらさらにするには体内のコレステロールを増やさないようにする必要があります。アスタキサンチンの抗酸化作用にはコレステロールを溜めないようにする働きがあります。
【ダイエット】
アスタキサンチンは体の代謝を上げ脂肪が燃えやすい体質を作るため、ダイエットにも効果が期待されています。
【加齢臭対策】
アスタキサンチンには加齢臭を予防する効果もあるんです。中高年になり加齢臭が気になり始めたら、アンチエイジングとともに加齢臭対策もしていきましょう。
【疲労回復】
アスタキサンチンの抗酸化作用は疲労をも回復させるパワーを持っているのです。年齢とともに疲れやすくなっているあなたにアスタキサンチンの効能はいかがですか。