アスタキサンチン 心臓

 

血管を健康にし心臓病から守る

アスタキサンチン,心臓,効果

アスタキサンチンには、体に最重要な
「心臓」の健康を保つ効果もあります。

 

抗酸化作用は、アスタキサンチンの持つ代表的な効果です。
この働きによって血液がサラサラになり、体の隅々に健康効果が行き渡るのです。

 

血液がサラサラになると、血管への負担が軽くなり、血管の老化を防ぎます。
血管の健康を保つことで、動脈硬化のリスクが低くなるのです。

 

 

血液の流れが悪くなり詰まってしまうと、血管の柔軟性がなくなり、動脈硬化が起きてしまいます。
心臓で動脈硬化が起こると、心臓の働きが悪くなり狭心症心筋梗塞などになってしまいます。

 

これらの病気は、血管の健康を保つアスタキサンチンを摂取することで予防することができます。
アスタキサンチンは血管の柔軟性を保ち、心臓を守ってくれる成分なのです。

 

 

アスタキサンチンには、免疫機能を強化する効果もあります。

 

免疫細胞が活発に働くと、抵抗力が高まり、外部から侵入した細菌やウィルスを排除します。
ストレスが原因の病気も、免疫力を高めることで防ぐことができます。

 

心筋梗塞や脳血栓、高血圧といった生活習慣病は、ストレスが原因の1つと言われています。
アスタキサンチンは、これらの病気の予防にも高い効果があるのです。

 

人間にとってストレスとは、周りから自分の体を守るために感じる自然な反応です。
ですがその状態が長く続くと、体のあちこちの不調をまねいてしまいます。

 

アスタキサンチンは、ストレスによる体の不調を防ぎ、健康を保つ成分なのです。



スポンサードリンク

アスタキサンチン効果【心臓への健康】関連ページ

【不眠症改善】
アスタキサンチンは不眠症改善にも効果があるんです。また、時差ボケにも効果があると言われています。
【美肌と美白】
アスタキサンチンはお肌にも強い味方。美肌や美白対策にも効果的なんです。
アスタキサンチン効果【腎機能改善】
アスタキサンチンの抗酸化作用は腎臓や肝臓の健康を守る働きがあります。これからの健康問題の解決に一役買いそうな期待がある栄養素、アスタキサンチンは今非常に注目されています。
【かゆみ防止】
アスタキサンチンにはかゆみ防止の効果があります。副作用のない抗ヒスタミン薬みたいですね。長く継続して摂り続けることが秘訣ですね。
【がん予防】
アスタキサンチンの抗酸化力はガンのような強い病気の予防にも効果が期待されています。
【ビタミンA効果】
アスタキサンチンはプロビタミンAの働きを持ちます。要するにビタミンAの効能もアスタキサンチンを摂取することで期待できるんです。
【アルツハイマー予防】
アスタキサンチンの抗酸化力は脳細胞の健康を保つ効果があるため、アルツハイマー型痴呆症の治療や予防に効果があると期待されています。
【メタボ予防】
アスタキサンチンの摂取はメタボリックシンドロームの予防と改善効果も期待されます。生活習慣病予防対策にも摂りたい栄養素です。
アスタキサンチンの効果【日焼け防止】
アスタキサンチンの驚くべき効果について解説。ビタミンEの数百倍もあると言われる強力な抗酸化力は美容と健康に様々な効果を発揮します。